進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
澎県が本日から5月13日まで 全県で外出時のマスク着用 県政府職員の高雄、台南への出張一時延期を発表
澎湖県政府 2020-04-22 105
    敦睦艦隊で艦上集団感染が発生し、27人の感染者の足跡が台湾全土に広がり、接触者が非常に多く、市中感染が懸念された。頼峰偉澎湖県知事は22日、防疫会議で本日から5月13日まで、澎湖全県の屋外での活動にあたる職員は全員マスクを着用し、マスクを着用せず、勧告を無視した場合、伝染病防治法に基づき、3,000元の罰金が科せられると発表した。

    頼県知事は、磐石艦は高雄に停泊し、士官の主な活動地点が南部地区であるため、高雄、台南地区の感染リスクが増加し、県政府職員の高雄、台南への出張は感染リスクがあるため、本日から5月5日まで、県の全公務員の高雄、台南への出張を一時延期するよう要請した。

    また頼県知事は、海軍磐石艦の27人の感染者はわずか数日間で台湾全国を移動し、磐石艦の感染者と近距離で接触した人も非常に多いため、台湾の全国民が動揺しており、敦睦艦隊が引き起こす可能性がある連鎖感染を防止するため、県政府は本日から109年5月13日まで、全県の屋外での活動にあたる職員に一律でマスクの着用を義務付け、着用せず、警察の勧告に従わなかった場合、新台湾元3,000元の罰金を科すことを決定したと述べた。

    澎湖県は、人が密集、密閉された空間では、中央感染症指揮センターの規定に基づきマスクを着用しなければならず、県内の八大産業に対し、県政府は実名制、体温測定、室内での1.5メートルのソーシャルディスタンスの維持の実施を要請。また、規定に違反した場合「厳重特殊伝染性肺炎予防及び救済振興特別条例」に基づき、最高で100万の罰金が科せられると示した。

    頼県知事は、島民に対して当面は高雄、台南へ行かないようにし、行く必要がある場合は、常にマスクを着用し、こまめに手を洗い、個人の感染症予防を徹底するよう呼びかけた。また、全県の各港で外の県市のクルーズ船、釣り船、水上バイクの停泊を禁止した。

    賴県知事は、全県で外出時に一律でマスクを着用するという措置は、市中感染を防ぐために必要であるとして、初期は勧告を主とし、勧告に従わない場合は、法律に基づき罰則が科せられるため、島民に外出時はマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを維持することで、自分や他人を守ってもらいたいと述
更新日:2020-05-12
トップページ TOP