進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
澎湖の四大戦役 頼峰偉が主管を率いて西嶼戦地古跡を尋ねる
澎湖県政府 2020-01-16 62
    澎湖県長の頼峰偉は16日、県政府一級主管を率いて西嶼外垵灯台、東台砲台、銅と鉄の壁、鎮海古城遺跡などの遺跡を実地訪問、澎湖四大戦役歴史的古跡の旅を終えた。頼峰偉は、澎湖には豊富な文化遺産があり、2020澎湖文化と旅行年では澎湖の歴史的戦地古跡を統合し、文化旅行のマーケティングを積極的に行い、より多くの海外の旅行客を惹き付けて観光におけるビジネスチャンスを創りたいと述べた。

    澎湖は歴史的に明荷、明清、清法と清日戦争の四大戦役が発生しており、頼峰偉は2日に続き主管を連れて天后宮、馬公城隍廟、観音亭、文澳城隍廟、蛇頭山や林投などの地を訪れた後、16日には再び西嶼外垵灯台、東台砲台、銅と鉄の壁、鎮海古城遺跡を訪れ、現地訪問を通じて四大戦役古跡の歴史物語についての理解を深めた。

    頼峰偉は、澎湖には美しい自然の景観とともに、豊富な文化資産があり、澎湖の歴史における四大戦役については多くの戦地遺跡を残しており、それらの中には「沈有容諭退紅毛番韋麻郎」石碑、台湾の巡撫劉銘伝増建拱北、金亀頭、東台、西台新型砲台及び鎮海古城遺跡が含まれ、いずれも観光客を再度澎湖に引き寄せる観光スポットであると述べている。

    頼峰偉は、文化は旅行のためにビジネスチャンスをもたらすと語り、澎湖には歴史的文化的な景観や事跡を数多く有しており、歴史的な旅行スポットにマーケティングを組み込むことで観光スポットの吸引力を高め、文化的意味合いの深い体験スケジュールを組み入れることで、澎湖観光旅行の永続的な発展を打ち立てることができる、と述べている。
更新日:2020-02-25
トップページ TOP