進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
頼峰偉は就任1周年にあたり、事務室を出て施政ポイントを視察
澎湖県政府 2019-12-23 79
    澎湖県長の頼峰偉は就任1周年を記念し、23日に就任1周年県政建設巡礼記者会見を開催した。頼峰偉は就任以来の1年間交通の乱れを取締り、焼肉店の油煙排出を改善し、徐々に民衆と政府の相互信頼を構築するとともに、海洋廃棄物を大幅に除去し、緑化と美化を推進し、教育を重視してきた。今後県政府は引き続き卓越性を追求し、現状に満足することなく更に上を目指し、一歩ずつ更新し、再び栄光を取り戻したいと述べた。

    頼峰偉は就任1周年の記者会見において、政府一級主管が事務室を飛び出し、メディアを招聘し施政ポイントを実地訪問するよう手配したと述べた。最初に訪れたのは励志二村の老宿舎を改築した「青春草原」で、続いて成功コミュニティの村民が自ら建設した「青青コミュニティ」を視察した。

    頼峰偉は、「木が生い茂り、書と草の香りが芳しい」は彼の施政の主軸であり、環境を更に美化するため、今年「青青草原」は「青青コミュニティ」の建設を目指しており、県政府は多くの古い宿舎を解体し、植樹造林を広げており、青青草原は千箇所を突破、面積は122.4ヘクタールに及び、15の青青コミュニティを作り出し、3万株を植樹し、6ヘクタールを造林することで、天、線、面という全方位的な緑化美化環境の構築を目指している。

    今年は澎湖教育年にあたり、県政府教育処は文光中学のコミュニティ読書ステーションの視察を手配した。頼峰偉は、政府は読書の普及を促し、書の香り溢れる社会を構築するため、全県で11箇所の学校コミュニティ読書ステーションを設置し、学校図書館の蔵書量を増やしたいと語っている。なお引き続き愛の書庫を増設し、学生が書作を投稿するよう励ましているが、今年の国語日報全国児童投稿率において澎湖は六都等の県市を打ち負かして第1位を獲得。教育は年を追うにつれ著しい成果を挙げている。

    今回の県政府巡礼のフィナーレは龍門村に定められ、早朝龍門村の洪瑞達は数十名のボランティアを率いて龍門ビーチを清掃した。頼峰偉県長到着後、洪瑞達は頼峰偉にビーチを清掃したバギー車に乗るよう要請し、市民に対しビーチ清掃の効果を示した。頼峰偉は、「その道を極めるにはまず道具を揃えよ」と言われているが、龍門村は全県のビーチ清掃のモデルであり、県政府はビーチ清掃の効率を高めるためのバギー車購入資金として龍門村に40万元の補助を行うことを決定したと述べた。

    頼峰偉はさらに、海洋廃棄物は国際的な問題であり、海を漂うゴミが海岸線を占拠する様は驚くべきものがあるとして、県政府が全県に対しビーチ清掃総動員を呼びかけると、96の村里の全数がこれに応え、延べ1万7千人を動員、清掃したビーチの長さは220kmに及び、310トンもの海洋廃棄物を除去したが、これは昨年に比べ7倍の増加であり、そのおかげでビーチはさらにきれいになったと述べた。

    頼峰偉は、海を漂うゴミは環境や景観を破壊する他、海洋生物の生存に対しても影響を及ぼすと指摘している。県政府は海洋活性化のための12本の矢を放ち、12万メートルにも及ぶ海底網や9,538本のポールネットを除去し、網具の実名制を完成させた。光栄及び双湖園水資源センターはすでに機能しており、2022年には下水の完成率は60%に達し、数百万匹の稚魚、エビ、カニなどを放流し、積極的に海洋資源の復活を目指したいとしている。

    龍門村海洋ボランティアのこの1年における海洋廃棄物清掃の苦労に感謝するため、県政府は特別に感謝の夕べを開催したが、食事会は県政府のプラスチック削減政策に合わせて全面的に環境保護食器や布製のテーブルクロスが採用された。頼峰偉は、海洋廃棄物に打ち勝つためには、必ず普段の生活においてプラスチック製品の使用を減らすことから始めなければならず、そのため県政府がプラスチック削減の陣頭指揮を取り、県政府の各部門、学校及び在澎湖中央機関に対し環境保護カップを使うよう奨励するとともに、全県9つの外食業者に対し環境保護食器、テーブルクロスに改めるよう指導している。これにより毎年7,200枚のプラスチック製のテーブルクロス、72,000人分のプラスチック製食器を減らすことができ、1年間で減少できるプラスチック製食器を積み上げるとその高さは86棟の台北101に匹敵する、と語っている。

    頼峰偉はさらに洪瑞達とその村の「赤アリ千歳団」海洋ボランティアに賞状を送って表彰し、彼らの海洋環境保護に対する努力に感謝した。この他、頼峰偉も他の一級主管と共に海洋廃棄ブイを活用して新年の展望につき書き表し、「天人菊」という絵を創作し、その花びらに「問題なし」と書き表すことにより主管が潜在能力を発揮し、卓越性を追求し、現状に満足することなく更に上を目指し、澎湖を満開の花のように光輝かせるよう励ました。
更新日:2020-02-25
トップページ TOP