進入內容區塊

_ line plurk FB twitter weibo Gmail outlook hotmail yahoo 小 中 大 列印
新着情報
中央コンテンツブロック
読書を深めるため、中屯小学校コミュニティ読書ステーションが開幕
澎湖県政府 2019-11-04 37
    中屯小学校コミュニティ読書ステーションが4日開幕し、澎湖県長の頼峰偉は開幕式出席にあたり、知識の追求は無限であり、学生が大いにコミュニティ読書ステーションを利用し、授業以外にもできるだけ多くの書物を読むことで、経験と知識を充実させ、言語表現能力を養成し、より幅広い表現能力を身に着けてほしいと述べた。

    頼峰偉はまた、中屯小学校は言語教育と得意としており、学生のスピーチ能力を重視し、教師のきめ細かい指導の下、これまでにも全県の語学コンテストで素晴らしい成績を収めており、学生はステージにおいて幅広い口語表現能力を展開していると述べた。

    頼峰偉はさらに、学問には果てはなく、読書は環境の良し悪しではなく、知識を消化吸収できるかどうかが大切であるとし、学生ができるだけ多くの書物を読み、知識を蓄え、あらゆる知識を理解し、予備知識を構築することが重要であり、そうしてこそトラブルに遭った際にも自信を持ち、物事に臆せずに話し合うことができる、と話している。

    これに対し、中屯小学校の陳鴻賢校長は、中屯コミュニティ読書ステーションは「中屯読書愛好室」と命名されたが、環境が改善されれば、コミュニティの住民及び学生に開放し、快適な読書環境を提供し、学生にもぜひ読書が好きになってもらいたいと述べた。

    教育処は、読書の普及を促し、豊富な読書環境を構築するため、校内に読書コーナや、モバイル図書館分館を設置し、各郷市に愛の書庫を設ける他、2019年度には11箇所のコミュニティ読書ステーションを設け、コミュニティ読書ステーションの普及を通じ、市民の素質を高め、読書の雰囲気あふれる社会を建設するという目標を達成したいと述べている。
更新日:2020-02-25
トップページ TOP